×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シネマフロンティアとは

シネマフロンティアとは札幌シネマフロンティアのことで、2003年オープンした札幌駅駅ビルステラプレイスセンター7Fに位置する複合施設型シネマコンプレックスです。(Sapporo Cinema Frontier)札幌シネマフロンティアは、スクリーン数は12あり、7Fだけではなく8Fの空間を使い、シアターという天井の高い空間を確保している。シネマフロンティアは、シネマコンプレックスでは最新の設備があるため、非常に人気が高くなっている。

シネマフロンティアのシステムは

最近人気の札幌シネマフロンティアですが、どんなシステムを使っているかというと、音響は、札幌シネマフロンティア自慢の音響で、他のシネマコンプレックスではほとんどない、すべてのシアターがDTS、5.1chサラウンドを実現するドルビーデジタルといった映写システム、音響システムを使っている。また札幌シネマフロンティアではスクリーン数は12中で、そのうち8シアターがドルビーデジタルの上位版であり、6.1chサラウンドを実現するドルビーデジタルサラウンドEXを使用している。またすべての12シアターのうち特に大きい2シアターは8chサラウンドSDDSを使っています。札幌シネマフロンティアは、駅直結ですので、最新システムがある札幌シネマフロンティアにぜひいってみてください。札幌シネマフロンティアに着いたら、正面には売店(コンセッション)が、左手には券売り場(チケットボックス)が、右手にはエントランスがあります。その大きさにビックリすると思いますよ。

札幌シネマフロンティアの映像は

札幌シネマフロンティアの自慢の映写システムは、札幌シネマフロンティアにある12シアターのうち2シアターが、従来使用していたフィルム映写ではなくデジタルで映写を行うDLPシステムを使用しています。ですので札幌シネマフロンティアの映像は、今まで見ていた映画でも迫力ありましたが、デジタルで映写するシステムを使うことにより、現実に近い映像で映画を楽しむことが出来ます。札幌シネマフロンティアは映写システムだけがすごいわけではありません。音響にSDDSシステムを採用している2シアターは、スター・ウォーズの監督として有名なジョージ・ルーカスが提唱した、映画を最も理想的な環境で楽しむことができる、ということを証明するTHXという品質規格の非常に厳格なテストを合格した音響システムを使っている。ですのでシネマコンプレックスに行くなら、札幌シネマフロンティアに行って、より迫力映像、音響を感じてみてください。